お仏壇を祀る:お仏壇をご安置する

ご安置場所のいろいろ

お仏壇はお仏間にご安置するのが一番ですが、現在のライフスタイルにあわせて様々なご安置場所にお祀りする事が多くなりました。
ご安置場所はある程度自由ですが、何よりもお祀りする気持ちが大切です。

お仏間

お仏間

リビング

リビング

上置・地袋付

上置・地袋付

お仏壇の設置場所

風通しがよく、湿気が少ない場所最適の場所は、お住まいの間取りによって異なります。風通しがよく、湿気が少ない場所で次のような条件を考慮に入れてお決めください。

1.落ち着いて礼拝できる場所
人の出入りで騒がしくない場所。
2.お給仕に便利で礼拝しやすい場所
日常の生活空間とかけはなれた場所では、毎日の礼拝、お給仕がおっくうになります。

ページの先頭へ

お仏壇の方向

この方向が良いとか悪いとか、様々な説を唱える方がありますが、要はお祀りする心が大切です。
お仏壇の方向について、いわれがあると思われる説を参考までにご紹介します。

1.南面北座説
ご本尊を南向きにご安置し、北向きに礼拝します。北半球では南が明るい方向で、「君子南面ス」という言葉があるように南に向かって座るのが上座とされています。従って、お仏壇は南向きに設けます。
2.西方浄土説
お仏壇を東向きに置き、西向きに合掌し、ご本尊を礼拝すると同時に西方浄土を拝む形をとります。
3.本山説
ご本尊に向かって合掌するとともに、ご本山を礼拝するように、お仏壇を置きます。ご本山との位置関係で方向が変わります。

お仏壇の各方向のイメージ

お仏壇・お仏具・お墓・仏事のご相談は フリーダイヤル0120-1616-94浜屋の店舗を探すメールで問合せる

ページの先頭へ