打敷

打敷
須弥檀や前卓などに掛けます。金襴などで華麗に仕上げられています。主に長方形が用いられますが、浄土真宗では、三角形の物が使われ、法要や特別な行事の時に用います。