輪灯

輪灯
仏前に灯を献ずるために、天井から吊るして油皿をのせる器具です。御本尊とお浄土を照らす照明であり、尊い灯明であると考えてもよいのではないでしょうか。