鉦吾

鉦吾
叩鉦(たたきがね)・伏鉦(ふせがね)ともいわれます。
畳台の上に置き、撞木(しゅもく)で打ち鳴らします。主に浄土宗で、念仏・御詠歌にあわせて拍子を取るために用います。