お仏壇を知る:お念珠について

念珠とは

一般的な持ち方念珠は「数珠」「珠数」とも書き、
お葬式や法事、お墓参りの時に手にする最も身近な仏具です。
常にこれを持って仏さまに手を合わせれば、煩悩が消滅し、功徳を得られるといわれています。
念珠は合掌する手に掛け、仏さまと心を通い合わせる大切な法具で、忘れてはならない必需品です。ですから、どの宗派でも数珠を大切にします。
また念珠は、お経や念仏を唱える時に、その数を数えるためにも使われます。
尚、念珠は一連、二連と数えます。

念珠の種類

片手念珠と本連念珠【片手念珠と本連念珠】

念珠は大きく分類して、略式の「片手念珠」と本式の「本連念珠」に分けられます。 片手念珠は宗派を問わず使用できます。 本連念珠は主珠を108個有し、各宗派で形が違います。

念珠の種類

念珠に使われる珠の種類

珠数功徳経には、菩薩樹の木の実や水晶などが挙げられていますが、他にも仏教由来の草木(黒檀や栴檀など)や宝石類(翡翠・瑪瑙・珊瑚・琥珀・瑠璃など)他いろいろな素材を用います。また現在では、ガラスや樹脂などの新素材で作られる物も多く使われるようになっています。

ページの先頭へ

念珠の宗派別の持ち方

浄土真宗
法華宗・日蓮宗
浄土宗
真言宗
天台宗
曹洞宗

お仏壇・お仏具・お墓・仏事のご相談は フリーダイヤル0120-1616-94浜屋の店舗を探すメールで問合せる

ページの先頭へ