ご法事について:ご法事に招かれたら

法事は、故人と縁の深かった人を招いて行なわれるもので、葬儀とはやや趣も違いますが、遺族とともに故人への追悼を共有してほしいという願いが込められている意味での招待ですから、出来る限り都合をつけて出席するのが礼儀です。訪問する際のマナーも覚えておくと便利です。

お焼香
参会者のマナー

法事の案内状が届いたら、すぐに出欠の返事を出すようにしましょう。施主側には、準備の都合があるからです。通常は、返信ハガキが同封されていますので、遅くとも一週間位前までに出したいものです。
欠席の場合も、お詫びの言葉や近況を添えて、「お仏前」・「お香料」とお供物を一緒にして、事前に送付するのが一般的です。尚、出席について自分から申し出るのは控えましょう。

あたり前の事ではありますが、まず時間に遅れないことを心掛けましょう。会場には、20分~30分位の余裕をもって着きたいものです。

施主様には、「お招きいただきありがとうございます。本日は、皆さま方と、ご供養させていただきます。」などと挨拶をし、供物料を手渡します。
法要やお斎(食事)の途中で退席するのは好ましいことではありませんので、できるだけ散会までつとめるように心掛けましょう。

法要席での心得
法要席での心得

法要の会場では、まず施主へのあいさつをし、供物料の入った包みを手渡します。法要の席では参会者の焼香もありますので、数珠を忘れずに持参しましょう。

服装は、地味な平服を基本に、施主側を恐縮させるような喪の色合いの強い装いは、かえって失礼とされています。派手な色目の服装も避けましょう。女性の和服の場合は、黒の一つ紋の羽織程度(11月から3月末まで)で、4月からは地味な一つ紋の色無地、夏は絽。洋服の場合は、黒か紺の衿ぐりの小さなシンプルなデザインのスーツ又はワンピース。男性も黒かグレーの地味な色のスーツがよいでしょう。

関連リンク
関連リンクここまで
お仏壇・お仏具・お墓・仏事のご相談は フリーダイヤル0120-1616-94浜屋の店舗を探すメールで問合せる

ページの先頭へ