月忌や祥月命日、百か日とは何ですか?
先祖のご恩をしのぶことは折にふれ行われるのが望ましいのですが、実際は故人が亡くなった節目に行うことになります。月忌は月に一度の命日です。亡くなった同月同日を祥月命日といい、毎年訪れる同じ月日の命日をさします。四十九日の法要以後、大きな法要となるのは百か日法要です。百か日法要が一段落し、この後は一周忌からの年忌法要となります。