初七日、中陰にはどんな意味がありますか?
仏教では、人は亡くなってから七日毎に冥界の裁きを受けると考えます。そのため七日毎の法要を営むのです。
亡くなった日の前日から数えて七日目が初七日、四十九日目が七七日といいます。また人は臨終から四十九日の間に次の世(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天の六道)のいずれかに生まれ変わるとされ、死者が次の世に生まれ変わるまでの間の四十九日を中陰といいます。ですからよりよき生まれ変わりを祈り追善供養を行うわけです。
しかし、浄土真宗では阿弥陀様の救いによって人は亡くなると浄土にいくと考えますので、このような生まれ変わりをしないとされ追善供養というのは行わず、中陰の法要は亡き人の遺徳を偲びつつ、より深くお念仏のみ教えを味わうものとして営まれます。