一周忌の次は三回忌というのは何故ですか?
故人が亡くなって一年後に行われるが一周忌(一年後の祥月命日)で、この間を喪中といいます。一周忌をもって喪が明けます。以降、一年ごとの命日に行う法要を年回法要といい、亡くなった年から二年後に行われるのが三回忌です。