十三回忌、三十三回忌など、長期に渡って行う理由は?
年忌法要は、近親者を亡くした者が故人を偲ぶとともに、心のうつりかわりを一つのけじめとしてとらえるしきたりが定着したものといえるでしょう。ですから先祖の命日がわかる限り百年、百五十年とおつとめすることは一向に差し支えないのです。