初盆と普通のお盆は違うのですか?
故人の忌明け(四十九日・三十五日)が終わってから初めて迎えるお盆を「初盆」「新盆」と呼び、特に手厚く営みます。ただし 四十九日がまだ過ぎていない内にお盆を迎える場合は、翌年のお盆を初盆とするのが一般的です。