何故、春分の日、秋分の日の前後をお彼岸といい、
先祖を祀るのですか?
3月21日前後に営まれるのが春彼岸法要、9月23日前後に営まれるのが秋彼岸法要です。彼岸会が春分・秋分の日に行われるのは、日本人の農耕生活に深く根づいた行事であったと思われます。近畿地方一帯には、彼岸の7日間に「日の伴」とか「日迎え日送り」をする行事がありました。朝は日の出る東の方のお宮やお寺にお参りして、日中は南の方のお宮やお寺に参りをします。そして農耕の安全と豊作を祈り、これを節目として祖先の霊を祀るのです。彼岸会は春分の日を中日として前後3日間計7日間にわたって営まれる法要ですが、同じ仏教国であるインドや中国に見当たらない日本独特の行事です。