浜屋の取り組み

職場風土改革事業への取り組みについて

平成27年3月1日
浜屋株式会社 代表取締役社長 濱田明彦

社員の「仕事と家庭(育児や介護)」の両立を支援する環境整備を行い、職場風土改革に取り組んでまいります。

平成21年6月より、当社は厚生労働省指定法人(財)21世紀職業財団の「職場風土改革促進事業」に参加いたしました。

当社は、従業員が仕事と家庭(育児や介護)を両立させることができ、働きやすい職場環境をつくり、すべての従業員がその能力を十分発揮できるよう次の取り組みを行います。

当社の取り組み項目

  • 職場風土改革・男性の育児参加についての課題把握
  • トップによる内外への取り組みの公表
  • 管理職層への研修の実施
  • 両立支援制度の社員への周知
  • 勤務体制や仕事の進め方の見直し
  • 勤務時間等の雇用管理の見直し
  • 男性社員の育児参加計画作成の奨励

職場風土改革 活動内容

  1. 社内通信にて、育児・介護支援についての周知を行いました。
  2. 従業員の育児支援制度についての認識もされた。
  3. 配偶者が出産した時の男性の育児休業等の認識もされた。
  4. 平成22年4月から、半日の有給休暇、育児・介護休暇を取り入れる。
  5. 管理職層への研修実施をする。
  6. 正社員の短時間勤務の見直しをする。

ページの先頭へ

仕事と子育て両立支援の取り組みについて

一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を作成し取組んでおります。

期間:平成27年3月1日〜平成30年3月31日

育児をしている社員を対象とする取り組み。

  • 男性の育児休業を10%以上取得すること。
  • 女性の育児休業率を80%以上にすること。

育児休業・短時間勤務を取得しやすい環境を整備する。

  • 社員への育児休業・短時間勤務制度を社内報等で周知する。
  • 育児支援の相談窓口を設置する。
  • 育児休業中の社員へ情報提供、復帰前講習等をする。

育児をしていない社員も含めての取り組み

  • 介護短時間勤務等社内報等を通じて周知する。

雇用環境の整備支援

  • 地域の職場体験学習(トライヤルウィーク)等の場を提供する。

ページの先頭へ

女性の活躍推進に向けた取り組みについて

平成28年3月1日

女性の役職者として活躍できる職域の拡大、環境の整備を行い女性の能力を発揮できる様に次のように行動計画を作成し取り組みます。

期間:平成28年4月1日〜平成33年3月31日(5年間)

役職者に占める女性割合を増やす

  • 課長職以上…10%以上
  • 係長・主任…20%以上

職域の拡大

  • 男性中心であった営業・管理職の女性活躍登用を目指す。

女性のキャリアアップの研修を通じて女性の活躍の場を広げていく。

ページの先頭へ