お仏壇購入ガイド仏壇・仏具

店頭で困らない商品選びのポイント

ご来店迄に知っておきたいこと、調べて頂きたいことなど…
お仏壇選びをスムーズに進めるノウハウをご紹介

1お仏壇を置く場所を決める

かつて日本家屋には床の間や仏間があり、お仏壇は仏間にというのが当たり前でした。しかし近年では都市部やマンションなどの住宅事情によってはそういうわけにもいかないケースもございます。その場合は個々の状況に応じてリビングルームや和室にご安置するケースが一般的になってきています。

仏壇は様々なタイプが有り、安置の仕方も色々ありますが…

ダイニングで
Point
  • 落ち着いて礼拝できる場所
  • 湿気が少なく清潔な場所
  • 直射日光や冷暖房の風が当たらない場所

などを考慮してご検討下さい。

  • フローリングで
  • 洋間で
  • 家具の上で
  • 専用の台にご安置
  • お盆を迎えて
  • 専用台と椅子を組み合わせて
  • リビングルームで
  • リビングルームで
  • 和室で
  • 洋室で
  • 壁に掛けてご安置

2設置場所の寸法とお仏壇の大きさを知っておく

Point
  • 設置スペースの高さ、幅、奥行を測る
  • 通常お仏壇の扉は開いた状態でお祀りします
  • 前面には礼拝、お給仕のためのスペースが必要です
  • 照明用のコンセントは確保できるか

などを考慮し「寸法をメモする」、「簡単な図面を書いて」ご来店頂くと便利です。

  • お仏壇の扉は通常開いた状態でお祀りします。
    そのために左右にも少しスペースの余裕があると開閉やお掃除に便利です。
  • お給仕にはスライド棚を引き出しお経机などを置いて礼拝するのでお仏壇の前にはある程度の空間が必要です。
  • お仏壇は灯籠を吊したり、家具調などでは天井にダウンライトが付いているのものが多く背面のコードをコンセントにさして使用します。
お仏壇の向きは?
設置の方角には諸説いわれがありますが基本的には
あまりとらわれる必要はないとされています。 気になる方はコチラ

お仏壇のサイズの目安の一例

上置お仏壇の場合
高さ 奥行
30〜50cm 30〜65cm 28〜38cm

標準的なお仏壇のサイズです。

台付お仏壇の場合
高さ 奥行
44〜65cm 110〜158cm 40〜48cm

標準的なお仏壇のサイズです。

3お仏壇のタイプとカタチについて

仏壇は大きく分けて、伝統的な技法で造られ漆の黒と金箔の輝きが美しい金箔お仏壇、貴重な銘木を用い美しい木目と堅牢さが際立つ唐木お仏壇、そして現代の住宅事情に合わせフローリングやインテリアにもマッチするようにデザインされた家具調仏壇の3タイプに分類されます。
そしてカタチは床の上に直接ご安置でき収納力のある台付タイプ、サイドボードや専用の台の上にご安置する上置タイプに分けられます。台付タイプは台の部分に備え付けの椅子や経机が収納できる機能的なモノもあります。
お仏壇を購入する際は、家のどこに置くのか、設置する場所のスペースにあわせてお好みのカタチをお選び下さい。

Point
  • 「金箔」「唐木」「家具調」の3タイプが代表的なスタイルです
  • 上記はそれぞれ「台付」「コンパクト(台無し)」があります
  • 家具調はデザインも豊富、人気のタイプです
  • 金箔お仏壇は宗派で造りが異なります
お仏壇の種類について詳しく知る

4お仏壇のほかには何が必要なの?

ご宗派によるご本尊が必要です

寺院の内陣

仏壇とは、寺院の内陣(お仏壇)を小型にし、厨子(仏像をご安置する箱)と一体化したものの呼称です。つまり寺院のミニチュア版がお仏壇です。
したがってお寺の本殿にはご本尊がご安置されているように一般の仏壇には、その中央にご宗派のご本尊が据えられているのが一般的です。

Point
  • ご宗派のご本尊を用意します
  • 脇侍を含め、3幅が正式のご本尊です
  • 主に仏像・スタンド式・掛け軸のタイプが有ります

各宗派のご本尊

  • 浄土宗の中尊(中央)と脇侍(左右)
  • 代表的な宗派のご本尊

ご本尊の種類

  • 仏像タイプ白木(ヒバ)、ツゲ、白檀などの木彫り製や金箔押しされた木製の御本尊の他、鋳造製タイプもございます。これらの御本尊は、なにより重厚で、その荘厳さは気品に溢れています。
  • スタンドタイプスタンドタイプの御本尊は、スマートなので家具調お仏壇などのモダンなお仏壇によく合うと人気があり、最近では、このタイプを選ばれる方も多くなっています。
  • 掛軸タイプ掛軸タイプは、場所を取らないので仏壇内もお祀りがしやすくスッキリするので、人気の高い御本尊です。ご宗派によっては、ご本山のものを販売されている場合もございます。
ご宗派ついてさらに詳しく知る

お仏具も必要です

お仏壇を荘厳するお仏具には様々な種類があります。
日々の礼拝をするにあたり香炉、花立て、火立て(燭台)の具足に加え、おリン、仏飯器、湯呑、高坏(供物台)などは最低限用意したいお仏具です。
また、お仏具はお仏壇の大きさによって使用する数が異なったり、宗派によって異なる物を使用する場合も有ります。
浜屋の安心

浜屋は標準的なお仏具を最初からセット(付属)

浜屋のお仏壇には、標準で花立て、火立て、香炉、仏器(ご飯の入れ物)、高坏(供物の台)、おリン一式の他お手入れ品、香炉灰、線香、ローソクなどが付属しています。

※お仏具はお仏壇の種類や大きさに合わせ最適なものをお選びしています。

お仏具は徐々に買い足してグレードアップすることも可能です

御荘厳前のお仏壇
御荘厳後のお仏壇一例
お仏具についてさらに詳しく知る

5お仏壇はいつ購入するの?

お仏壇は、本来仏様をお祀りし、そしてご先祖様をお祀りするものなので、お仏壇を購入される時期が特にあるわけではありません。心の拠り所としてお仏壇をご安置したいと思われたなら時期にこだわる必要はありません。

白木の位牌から本位牌に変わるタイミングが
お仏壇の購入時期 と聞きましたが…?

仏式の葬儀で用いられる白木の位牌は、四十九日迄用いる仮の位牌で、忌明け(四十九日法要)までには本位牌を用意するのが一般的です。
従って四十九日法要を終えた後、位牌をご安置するためにお仏壇の購入するというのが新規購入の一般的な例です。
忌明けがお仏壇ご購入のタイミングのひとつと言われているのはそのためです。
その他では、彼岸やお盆、年忌法要の時期や家を新築するとき等に合わせて購入や買い換えされるケースもございます。

お位牌について詳しく知る
PAGETOP
Copyright © 1999-,HAMAYA CO,LTD ALL RIGHT RESERVED