お仏具を知る:お位牌について:宗派別戒名について

宗派別戒名について

真宗・浄土真宗
授戒会に加わって授かる名前なので戒名といいますが、浄土真宗では戒を受けることがないので、仏弟子として、法名と呼ぶことになります。
真宗・浄土真宗戒名
真言宗
位牌に戒名を入れる場合は、必ず文字頭に大日如来を表す梵字を入れます。
真言宗戒名
浄土宗
浄土宗の戒名の大きな特長は、「誉号」を用いる場合があることです。ただし、この「誉号」は五重相伝(浄土宗の教えを五段階にわけて解説伝授すること)を受けた方に限ります。
浄土宗戒名
日蓮宗・法華経
日蓮宗の戒名の特色は、宗祖・日蓮聖人の名に因んだ日号をつけることが大きな特色となっています。「日△」の他に男性の戒名「法○」、女性の戒名に「妙○」とする点も特色です。
日蓮宗・法華経戒名
天台宗
在家の方が死後、戒名を授かる場合は、菩提寺のご住職より、剃度受戒の作法受け戒名を授かることになります。戒名の文字頭に大日如来を表す梵字を入れることもあります。
天台宗戒名
禅宗
禅宗の戒名は各宗派と比較しても、豊富ですが、死後に戒名を受ける場合は葬儀の当日、霊棺を荘厳し、華燭を供え道師が棺前にいき、香を焚き、合唱して、剃髪の価喝を唱えます。
禅宗戒名

戒名についてさらに詳しく次へ(院号・文字彫り.大きさ)

お仏壇・お仏具・お墓・仏事のご相談は フリーダイヤル0120-1616-94浜屋の店舗を探すメールで問合せる

ページの先頭へ