ご法事について:お盆の迎え方

お盆の迎え方

お仏壇年に一度、ご先祖様が里帰りされるお盆。門口で迎え火を焚き、先祖霊が迷わぬように盆提灯を灯して迎え、お仏壇や精霊棚をきれいに整え、花や果物、食物をお供えし、菩提寺のお寺様にお経をあげていただきます。
13日には、ご先祖様が迷わず帰って来られるように迎え火を焚き、お盆提灯を道しるべとして、また安らかに成仏していただくための祈りと感謝の気持ちを込めて飾ります。
16日には、ご祖先様をお送りするため、帰り道を照らす送り火を焚きます。これを精霊送りといい、京都の夏を彩る大文字の送り火も、毎年行われる精霊送りの行事のひとつです。尚、お盆提灯は、お供えとして最高のものとされ、その数が多いほど故人が慕われていた事を示すといわれています。(関西の一般的な例)

関連リンク
関連リンクここまで

初盆の迎え方

お仏壇 亡くなった後、四十九日の忌明けの法要が終わってから最初に迎えるお盆を「初盆」と言います。忌明け前にお盆を迎えた場合は、翌年が初盆となります。初盆は故人の成仏と感謝を願う心を込めて、普通のお盆よりも盛大に営むことがほとんどです。毎年のお盆が13日から15日までなのに対し、初盆の場合は7日から15日まで行うのが一般的です。迎え火も7日の朝に行います。しかし、この期間に関しても地域によって違いがあるので、それぞれの風習に従って下さい。

まず、ご先祖様をお迎えするための精霊棚を作ります(浄土真宗以外)。棚の上には白い布を敷き、仏さまのお家である新棚を置きます。精霊棚の上に白玉団子や季節の果物、野菜、花などをお供えします。キュウリとナスで作った牛・馬も、通常のお盆と同様にお供えします。中でもお盆提灯は最高のお供えとされ、数が多いほど故人が慕われていたことを示すと言われています。従来は、葬儀で使った提灯は初盆では使わない場合が一般的でしたが、最近では、兼用できるタイプの提灯も多いようです。
お葬式の提灯は故人をお送りする意味があるのに対し、お盆用の提灯はお迎えする意味があり、形も異なっているので、やはりお盆用の提灯を用意されるのが良いと思われます。この提灯は翌年以降のお盆毎に使うことができます。初盆には親戚や友人、お世話になった方たちを招き、菩提寺のお寺様に来ていただいて読経していただきます。この時期はご寺様もお忙しいので、早めに依頼されることをお勧めします。送り火は、通常のお盆と同じく、15日の夕方か16日に焚いて、ご先祖をお送りします。( 関西の一般的な例)
●初盆の準備/関西では、初盆は8月7日からです。

関連リンク
関連リンクここまで

ページの先頭へ

お盆の由来

うちわ 下駄のイラスト お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。仏教発祥の地、インドの祖先崇拝から端を発したとも言われており、子孫が絶えて供養がなされない祖霊は、逆さ吊りの苦しみを受けると言われていました。この逆さ吊りの苦しみを意味する梵語が「ウランバナ」で、「盂蘭盆」へとなったとされ、霊前に食物を供え供養した信仰が、仏教と融合したとも言われています。
また、お釈迦様の弟子の目連(もくれん)という人が餓鬼道におちた母親を救済するためにお釈迦様の教えに従い、夏の終わり7月15日に行なわれる自恣(じし)の時に、一堂に集まる僧侶たちのお盆の上に食物を供し供養したところ、母親を救うことができたという逸話からきているという説も一般的に知られています。

関連リンク
関連リンクここまで

茄子とキュウリ

茄子とキュウリのイラストお盆の精霊棚にはキュウリで作った馬とナスで作った牛を飾ります。(当社では、真菰製の馬・牛人形を販売しております)そのいわれは、久しぶりにこちらに帰ってこられるご先祖の霊が足の速い馬に乗って、少しでも早く帰ってきてくださるように、また牛に乗って、ゆっくりとあの世へお戻りください、という彼岸の方への心やさいし思いやりであり、この世に生きる私たちの願いがこめられて、生まれたと言われています。

関連リンク
関連リンクここまで

ほおずきとお盆

ほおずきのイラストお盆のお飾りに用いられるほおずきは「鬼灯」とも書きます。
ご先祖様が提灯等の灯を頼りに帰ってこられることから、途中で迷われないようにとの心づかいをもって提灯に見立てて飾られるようになったといわれています。

関連リンク
関連リンクここまで
お仏壇・お仏具・お墓・仏事のご相談は フリーダイヤル0120-1616-94浜屋の店舗を探すメールで問合せる

ページの先頭へ