お仏壇を祀る:宗派別の祀り方:浄土真宗本願寺派

お仏壇のお祀り(飾り方)は各宗派によって異なります。
基本的には、お仏壇はお寺の本堂を小さくしたものですから、すべての宗派とも本堂の飾り方を参考にされれば良いのですが、お仏壇のサイズには制限があるので、各宗派のイラストの飾り方を参考にして下さい。また地方によって若干異なる場合があります。

  • 浄土真宗本願寺派
  • 真宗大谷派
  • 浄土宗
  • 融通念仏宗
  • 真言宗
  • 天台宗
  • 日蓮宗・法華宗
  • 臨済宗・禅宗各派
  • 曹洞宗(禅宗)

浄土真宗本願寺派

ご本尊
阿弥陀如来
お脇掛
右/親鸞聖人(又は、十字名号「帰命尽十方無碍光如来」)
左/蓮如上人(又は、九字名号「南無不可思議光如来」)

お脇掛

総本山
西本願寺 にしほんがんじ  京都市下京区堀川通花屋町下ル
お唱えする言葉
南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ
よく読まれる経典
観無量寿経 かんむりょうじゅきょう
無量寿経 むりょうじゅきょう
阿弥陀経 あみだきょう
教行信証 きょうぎょうしんしょう
正信念仏偈 しょうねんぶつげ
歴史
宗祖親鸞聖人(1173~1262)は、九歳で出家して比叡山で修行の後、法然上人を訪ね、専修念仏運動に身を投じました。しかし、念仏集団の勢力が拡大すると、旧仏教教団により、念仏が禁制とされ、法然上人や親鸞聖人は流罪となりました。親鸞聖人は『教行信証』著わし、その後も各地へ念仏の教えを説いて回られました。
親鸞聖人入滅後、第八代蓮如上人は親鸞聖人の教えをわかりやすく綴った手紙「御文章(ごぶんしょう)」を著わし民衆を教化、教団を再興されました。
教え
親鸞聖人の教えは、「念仏を称えることで人々は救われる」と説いた法然上人の教えをさらに推し進めたものでした。「阿弥陀仏の前では、一切の人間の計らいを捨てて念仏を称えれば、全ては阿弥陀仏からくだされる、南無阿弥陀仏を称えることで全ての人々は救われる」と説きました。
おつとめとお給仕
お仏壇をきれいにして、朝はお仏飯をお供えします。
念珠を手に持ちます。輪灯に火をともし、燭台のロウソクを点けます。
土香炉に線香を炊き、おつとめをします。おつとめは、正信偈・和讃・御文章・領解文です。
夕方はおつとめの後、お仏壇内部の火の気を消し、金障子を閉めます。
お仏壇・お仏具・お墓・仏事のご相談は フリーダイヤル0120-1616-94浜屋の店舗を探すメールで問合せる

ページの先頭へ