お墓の基本的な形を教えてください。
墓石の原形はお釈迦様がご入滅された後、埋葬された地に建てられた「ストゥーパ」(漢語:卒塔婆)であると言われています。江戸時代に角柱墓石が登場するまで、墓石は石造の供養塔であり、層塔のデザインを踏襲したものが主流でした。今日一般的となっている和型の角柱墓石のデザインは、板碑、もしくは位牌をルーツとすると考えられています。他にも東日本中心に人気がある横長の「洋型墓」をはじめ、故人や施主の趣味や嗜好を反映した「ニューデザイン墓」という自由な形式の墓石も増えてきています。