位牌と戒名仏壇・仏具

お位牌とは

お位牌は、御霊のとどまる場所、つまり霊位を表わす牌のことです。亡くなられた方の姓名、死亡年月日を記して礼拝します。
お位牌についての歴史は、中国の儒教におけるご先祖様やご両親の存命中の位官や姓名を板に記して書いたものが禅宗と一緒に日本に伝わってきたのが始まりと言われています。

  1. 過去帳
    浄土真宗本願寺派、真宗大谷派では位牌でなく、過去帳に法名を記すか、法名を掛け軸にした法名掛をお掛けするのが一般的です。
  2. 本位牌は四十九日までに用意します
    白木の位牌は、忌明けまでの仮の位牌です。四十九日法要まで本位牌を
    ご用意ください。
    戒名の文字入れに1週間から10日間位かかりますので、早めに浜屋に
    ご相談ください。

戒名とは

戒名とは仏の教えに帰依し、定められた戒(行動の規則・精神を律する規則)を守ると誓った者に対して与えられる名前のことです。 戒名は本来2文字ですが、この戒名の上に道号が、さらに院号・院殿号がつけられ、戒名の下には位号がつけられ、その一連の文字構成を称して戒名と呼びます。
浄土真宗では戒名と言わず、法名といいます。他の宗派が授戒会に加わって授かる名前なので戒名といいますが、浄土真宗では戒を受けることがないので、仏弟子として、法名と呼ぶことになります。

宗派別戒名について

  • 真宗・浄土真宗

    授戒会に加わって授かる名前なので戒名といいますが、浄土真宗では戒を受けることがないので、仏弟子として、法名と呼ぶことになります。

  • 真言宗

    位牌に戒名を入れる場合は、必ず文字頭に大日如来を表す梵字を入れます。

  • 浄土宗

    浄土宗の戒名の大きな特長は、「誉号」を用いる場合があることです。ただし、この「誉号」は五重相伝(浄土宗の教えを五段階にわけて解説伝授すること)を受けた方に限ります。

  • 法華宗・日蓮宗

    日蓮宗の戒名の特色は、宗祖・日蓮聖人の名に因んだ日号をつけることが大きな特色となっています。「日△」の他に男性の戒名「法○」、女性の戒名に「妙○」とする点も特色です。

  • 天台宗

    在家の方が死後、戒名を授かる場合は、菩提寺のご住職より、剃度受戒の作法受け戒名を授かることになります。戒名の文字頭に大日如来を表す梵字を入れることもあります。

  • 禅宗

    禅宗の戒名は各宗派と比較しても、豊富ですが、死後に戒名を受ける場合は葬儀の当日、霊棺を荘厳し、華燭を供え道師が棺前にいき、香を焚き、合唱して、剃髪の価喝を唱えます。

院号について

院号(いんごう)は、社会的に大きな貢献や功績を残された人に贈られる特別な戒名(かいみょう)のことをいいます。

院殿号
院や殿とはそこに住む高貴な方々の名前であり、元来は天皇や位の高い貴族や武士に対してのみ付けられたものです。
居士・大姉とは
居士とは、元来商工業に従事する裕福な方のことを指し、戒名としては男性に付けられるもので、女性の場合には大姉となります。 大居士とは居士を強調したもの、大姉とは「善女人」のことで、在家にあって身分が高く徳の高い人のことを表します。
禅定門・禅定尼とは
仏門に深く帰依した人に与えられる称号で、居士・大姉につぐものとされています。
信士・信女とは
仏道に帰依した人に与えられる称号で、仏教徒であればすべて信士・信女となります。
子供の戒名は
水子=流産・死産の場合。嬰女=出産から満1歳まで。
孩子・孩女=1歳から3・4歳まで。
童子(童男)・童女=4・5歳から14・5歳ぐらいまでと言われています。

お位牌の文字彫り

戒名を札板に記すことは共通しているが、命日(没年月日)を表に記すのか裏に記すのかは、地域やお寺によって違いがあります。文字彫りについては下記をご参考に、ご不明の点はお問い合せ下さい。

お位牌の形や大きさ

繰り出し位牌

位牌の形は、基本的にはご宗派に関係がありませんので、お好みの形をお選び頂けますが、すでに位牌がある場合は、同じような形で揃える方が多いようです。
位牌の大きさは、お仏壇内部の作りに合わせることが大切です。位牌が大きすぎてお仏壇に入らないということがないように注意したいものです。また、初めての位牌の場合は、先に安置するお仏壇を決めてから位牌の大きさを決めるのが一般的です。

繰り出し位牌
三十三回忌を終えた古いお位牌をひとつにまとめる為に使用されるのが繰出し位牌です。
白木の札板が6~10枚と黒札が1枚収納されており、先祖の位牌がたくさんある場合にも、この繰出し位牌を使ってまとめます。
PAGETOP
Copyright © 1999-,HAMAYA CO,LTD ALL RIGHT RESERVED